糖尿病のサプリランキング人気はこれ!

糖尿病になった場合の治療法とは

 

もしも糖尿病になってしまった場合、対策として行われる治療はどのようなものか、ご存知でしょうか。基本的に、糖尿病の治療方法は大きく三つに分けられます。食事療法、運動療法、薬物療法です。そのそれぞれの内容は以下の通りです。

 

1つ目は、食事療法です。糖尿病となった場合や、糖尿病になる寸前の状態である糖尿病予備軍になった場合に必要なのは、日常的な食生活の改善です。ただし、絶対に摂取禁止の食べ物などはありません。問題は特定の食材というよりも、食事の量と栄養バランスです。暴飲暴食などはもってのほかです。

 

そんなことをすれば、糖尿病の改善はおろか、病気の進行をより早めてしまう結果となります。それぞれの人に適切な分量の食事を、バランスよく摂取することが重要です。医者から指導される1日の摂取カロリー上限は、一般的に1600キロカロリーとされています。ただ、これは個人個人の年齢や体格、生活習慣、糖尿病の進行具合などによっていくらか変動します。

 

2つ目は、運動療法です。適度な運動はダイエットにも当然ながら有効ですが、それのみならず、糖尿病を予防したり改善したりする効果も期待できます。しかし、普段運動をしない方が激しい運動を急に行ったり、あるいは運動量が明らかに不足している場合などは、その効果もあまり発揮されません。

 

そのため、まず最初は無理をせず、できる範囲から運動をする習慣を身につけていきましょう。そこから少しずつ体を慣らし、運動量を増やしていきます。例えば、最初のうちは5〜10分ほどの軽い運動、それに慣れてきたらウォーキングを30分〜1時間ほど行う、といった具合です。こうして徐々に時間を延ばしたり、回数を増やしたりします。また、負荷を増やしていくといった工夫も有効でしょう。

 

3つ目は、薬物療法です。薬物療法は大きく分けて、飲み薬とインスリン注射の2種類があります。飲み薬で使われるのは、血糖降下薬という血糖値を下げる作用を持つ薬です。インスリン注射は、インスリンの不足が著しい場合、直接体内にインスリンを投与するために行われます。薬物療法が行われるのは、糖尿病の症状が重い場合や、食事療法や運動療法を継続しても効果が見られない場合などです。その際、食事療法や運動療法と併行しての治療となります。

 

薬物療法には、医者の診断と指導が必須です。事前に医師と相談し、必ずその指示にしたがって薬を服用してください。いずれにせよ、生活習慣を見直し、バランスのとれた食事や運動を行うことが、糖尿病の治療には欠かせません。日々の地道な努力が重要となります。

 

糖尿病による合併症

 

糖尿病で最も恐ろしい点は、合併症を誘発するという点です。糖尿病を放っておいた場合には、網膜症、腎症、神経障害を始めとする病気が引き起こされます。また、心筋梗塞や脳梗塞と言った前兆が読みにくい病に罹る可能性もありますから、真の恐ろしさはそこにあると言っても過言ではありません。

 

「糖尿病による合併症はときに命にもかかわる」
糖尿病は、単に血糖が高い状態が続くだけの病気ではありません。その本当の恐ろしさは、高血糖によってそのほかの病気が引き起こされる危険性にあります。特に、糖尿病は自覚症状が得にくい病気のひとつです。そのため、気が付いたときには病気が進行してしまい、いざ医師にかかったときにはすでに他の病気にも身体を冒されていたということも起こり得ます。場合によっては、失明や腎不全と言った重篤なものを招き込むこともあり、最悪の場合は死に至ります。

 

「糖尿病による合併症は全身の様々な部位に起こる」
糖尿病が理由となって起こる合併症は、身体の至る所に起こります。と言うのも、合併症が起こる理由が、高血糖による血管や神経の障害にあるためです。例えば、糖尿病には最大合併症と呼ばれている病気があります。網膜症や腎症、神経症害がそれに該当しますが、これらの病気の原因は、高血糖によって血管が傷ついたり、末梢神経や自律神経が侵されたりすることにあります。

 

さらに、高血糖になると動脈硬化が促進されます。その結果、心筋梗塞や脳梗塞になる可能性が高まるのです。その他にも、細菌に対する抵抗力の低下から、様々な感染症を引き起こす危険性が糖尿病には潜んでいます。糖尿病においては、これらの病気を如何にして対策していくかということが大切になるのです。

 

「糖尿病の3大合併症」
@糖尿病性網膜症
網膜の血管が侵されることによって起こります。最悪の場合は失明するほどの病で、糖尿病になってから15年ほどが経過すると、およそ5割の確率で発症すると言われています。

 

A糖尿病性腎症
腎臓の血管が侵されることによって腎機能が低下する病になります。しっかりとした治療を受ける必要があり、さもなければ腎不全に至り、人工透析をすることになる重い病気です。

 

B糖尿病性神経障害
末梢神経や自律神経が侵されることによって起こります。具体的な症状としては、手足のしびれや立ちくらみなどがあり、こうしたものが全身に現れます。進行すると、やがて全身の感覚が無くなる恐ろしい病気です。

更新履歴