www.lioninthemane.com

自動車での事故は己だけの自損事故と他の人が関与した自動車事故がございます。自分だけの事故の場面では対応をすれば終わりますが他の人に影響を与えた交通事故はそれぞれにどの程度落ち度が存在するのかをチェックしてそれによりマイカーの修復の費用や和解金の額等が決定されますので、自動車保険会社の担当の人にたってもらい協議が必要です。大概の車での事故の際、お互いにちょっとは責任がある場面が多数で片方だけの責任が問われるという状況は少ないようです。当然の事ですが赤信号で進んでしまった、一時停止無視などによって起きた事故はかなり大きな責任になりますが被害者にも落ち度があると言われます。自動車での事故の時にはどのドライバーの落ち度が原因かという判断がかなりポイントにされますのでその判断を分かりやすく伝えるのが「過失割合」(過失割合)なのです。先ほど記述した信号無視や一時停止でもそのまま進んだ場面では法律のルール上相手方にすべての落ち度があると思いますが、もしも事故の原因になった自動車が正面から近づいてきて自分の目で確認された状態だとすれば自動車事故の被害者でも注意不足として10%程度の責任があると認められる時もあります。つまりこの状況では事故を起こした側が9割事故に巻き込まれた人が1割過失の割合となってしまい責任が大きな側に大きな間違いが問われるのです。自動車事故の割合以前の車の事故の判例をものさしとして結論付けられる時が往々にしてあり日弁連交通事故相談センターから明示されている表が目安として利用されます。この過失の割合が高ければミス結果的に賠償すべき金額も大きくなるので、事故に関する話し合いは当事者だけでなく自動車の保険の係りの人に加わってもらって冷静に協議することが大切です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.lioninthemane.com All Rights Reserved.